字幕翻訳者から見た映画『パドマーワト』の格調ある字幕〈試写会レポート〉

『パドマーワト』2019年6月7日(金)公開

320

資料によると、これは16世紀インド古来の伝記(恋愛詩)を33億円の制作費を掛けて、映像化した話題作です。内容はインドの昔の風習、集団焼身自殺(ジョウハル)という妻の貞淑を表わす尊厳死をテーマとしたものにもかかわらず、作品の中に王妃とイスラム君主の恋愛を描いた夢の場面が出てくるとのうわさが流れ、映画の上映を前にインドで起きてる集団自殺と集団殺人の脅迫,暴動や主演女優のディーピカー・パードゥコーンへの暗殺予告など、現地での公開も一時、危ぶまれたのです。米国公開当時も、ニューヨーク・タイムズは関連報道を載せたほどの騒ぎでした。故に、日本での公開も配給会社の一つの願いかと感じ、よく公開まで踏ん張ったと心から拍手を送りたいと思います。

伝記を映像化したこの作品ならではのこだわりはビジュアルはもちろん、俳優の人選もこだわり抜いたものだと言えるでしょう。そして、残った最後のこだわりは、それに見合う字幕です。字幕翻訳者は読解力を問われる作家であるうえ、作品に合わせて作風を変える力量も求められるのです。この重量級の作品を引き受けた福永詩乃さんもさぞ重圧を感じたに違いありません。

この作品では、王族の言葉を品良く見せる言葉選びはもちろん、特に印象的なのはルビを“ジョーハル”にして、漢字を“尊厳殉死”にしたところです。

一般的にジョウハルは“尊厳死”や“焼身自殺”で書かれますが、パドマーワティが決意を表わす大事なシーンということもあり、言葉選びは一層デリケートなものになります。実際、尊厳死だとよく連想されるのは末期ガン患者に与える医療の選択となりますし、焼身自殺の場合は少しグロテスクなイメージが浮かぶのです。それに引き替え、漢字を“尊厳殉死”に発想転換したことで、一瞬にして神聖な儀式に変えられたのだから不思議です。文字が持つ力や印象操作は実にすごいですよ。

作品には必ず名訳を作れる場面があって、字幕翻訳者はそれを見極めて、ここぞと力を入れるのが翻訳の醍醐味です。パドマーワティの口から語る“ジョウハル”という言葉の重みを分かりやすく、印象的なものにしようとするのは、翻訳者さんが読み取った作品のキーワードじゃないかと感じました。お見事です。

「尊厳殉死(ジョーハル)の権利を」

「殿下の許しなしに 私は死ねません」

文:蘇 雅如

広告

字幕翻訳者から見た 映画『パドマーワト』の格調ある字幕

去年、イオンシネマ市川妙の大画面で観た、インドとほぼ同時公開の話題作『パドマーワト』に、その映像美にただただ圧倒されるばかりでした。

当時、英語字幕であるため、ストーリーは今ひとつ正確に把握できなかったのですが、それでも、迫力はありました。

作品は配給会社の情熱で万難を排し、ようやく一般公開に向けて実現できたものです。意地を見せてくれたスペースボックスさんに、おめでとうと言いたいです。

2018年4月18日、試写室で見た日本語字幕は、作品にふさわしい格調の高い字幕となって、感激しました。詳しい内容は“ボリウッド情報”でご報告します。

『きっと、うまくいく』監督・主演最新作『PK』レビュー

main

© RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITE

映画『PK』、2016年1029日(土)全国ロードショー!

『きっと、うまくいく』の監督と主演が再びタッグを組んだ映画が公開されると聞き、一足先に試写会にて『PK』を鑑賞した。私のように、長年インド映画とはひたすら歌って、踊って、無駄に長い(失礼!)という先入観を抱いてきた人にこそぜひ見て欲しい1本だった。数日経っても心地よい余韻が残っている。

 

今度のアーミル・カーンは、まさかの異星人!?1      © RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

 

留学先でパキスタンの青年と恋に落ちるインド人のジャグー。燃え上がる2人であったが、唯一の障害「異なる宗教」が問題となり、ジャグーは悲しい失恋体験を経てインドに帰国する。TV局のレポーターになったジャグーがネタ探しに奔走していると、黄色いヘルメットにあらゆる宗教の飾りをジャラジャラと身に着けた男を発見!そのあらゆる宗教の“神様”のイラストに、「神様が行方不明」と印刷されたチラシを配るこの男の意図とは…?絶好のネタになると踏んだジャグーは「PK(酔っ払いの意)」と呼ばれる彼の身の上話に耳を傾けると、奪われた大切なものを神様に見つけてもらおうとする彼の純粋すぎる思いと、信じがたい身の上話が明らかに。世間の、いや、むしろ世界の常識を全く知らないイノセントなPKの言動が、やがて国中を大論争の渦に巻き込んでいく。

 

パキスタンの彼はイスラム教、インド人のジャグーはヒンズー教…という悲劇2     © RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

 

あるアクシデントで出会ったよき理解者“兄貴”3     © RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

 

国民の多くが無宗教だとされている日本においても、通常オトナの世界では宗教の話題はタブー。しかし、PKは宗教を全く知らないことをいいことに、今までオトナたちが密かに疑問に思っていたことを、自覚なしに鋭く突っ込んでいくのが小気味よい。伏線の所在は意識せずに、素直に物語を追うだけですべてがつながる緻密な構成、SF・コメディ・ミュージカル・恋愛モノなど多彩なジャンルをギュッと凝縮し、常に感情を刺激する153分のPKの大冒険。スクリーンで見ることの喜びを改めて実感させてくれる、極上の映画だった。

 

ミュージカルシーンも「PK節」が光る!4     © RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

 

キュートで共感を呼ぶジャグー役を演じるのはアヌシュカ・シャルマ5-1    © RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

 

 

文:賀来比呂美

生のステージに字幕を

%e3%83%a8%e3%82%bb%e3%83%95

今年7月上演のミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』に、英・日から中国語への翻訳を手掛けてまいりました。

初めてのオファーにして、私にはもったいないような仕事でした。元々ミュージカルが好きで、特にアンドリュー・ロイド=ウエバー作品のファンということもあり、本当に恐縮な思いでした。実際、終えてみて、作品に携えたことに感謝しています。

人のためになる仕事、形に残る仕事ができてよかったと思います。

img_0266

劇場の制御室から見えたステージです。その両脇は日本語字幕用のディスプレイになっています。

光を抑えた作りであるため、ステージの邪魔にはなりません。

一方、私が担当する中国語はオプション扱いのため、劇場から300円ほどでタブレットを借りられます。

また、生の舞台で観る字幕はステージのパフォーマンスを助けるため、通常テレビなどよりも余裕で観られる字数のコントロールはしております。更にありがたいことに、同じ尺でも、中国語の場合は日本語よりも少ない字数で表現できます。逆の発想で状況を捉えれば、つまり原文の英語から、より多くの情報を盛り込むことができ、原文に近い表現ができるということです。

最後になりますが、今度は言葉の遊びなどで、更にステージを盛り上げられる工夫に挑戦したいと思います。

追伸:この度、この作品に参加できたことは、日本語字幕担当の方のおかげです。

感謝いたします。

 

 

 

 

 

代表社員“がじょ丸”こと、蘇雅如です。

今日から少しずつ、会社のホームページをアップデートしていきます。

“ローマは一日にしてならず”

私が思い描く理想の会社は一人の能力だけでは見られませんが、

鋭い洞察力で時代を見つめ、困難に立ち向かい続け、

その間、才能あふれる人材を集めて、私の理想に近づけていきたいと思っています。

そして、多くのお客様に時代のニーズに見合う情報と優れた能力を提供いたします。


 

R0010882